Shop

新たな素材として

次第に白衣よりスクラブを採用する病院が増加

医療関係者のユニフォームは昔から白衣でしたが、最近はイメージよりもアメリカの様に機能重視の考え方が浸透し始めスクラブを採用する病院が増加してきました。 スクラブはシャツとパンツに分かれており、色は赤、青、緑など様々な色があり動物柄や花柄などの様々なプリントがあり、白衣を見ると緊張したり血圧が上がる方にとっては症状が出ず好評で、白衣を怖がる子供が多い事から小児科や小児病棟のスタッフは全員スクラブ着用が義務付けられている病院も増加しています。 高齢者の患者の多い病院は白衣が好まれるため白衣を着る事が多く、病院や診療科に合わせて選ばれおり走り回り1分1秒が命に関わる救命病棟やICUのスタッフは白衣ではなくスクラブが多いです。

機能性重視かイメージ重視か

昔から医療従事者は白衣というイメージが定着されてきたため、スクラブにした場合、高齢者やシニア世代から苦情や不満を言う方もおり、病院側は理解を深めてもらう努力が必要です。 ナースキャップが廃止された時やナースのパンツルックが増えた時も患者から苦情が頻繁に出て、ナースキャップは細菌感染の温床、スカートは患者の治療の妨げとなるとしつこく伝えて苦情が減ってきた事もあり、スクラブも患者側に伝える必要があります。 スクラブは白衣よりも機能性に優れており、ポケットや医療用PHSの収納など素早く治療し命を守るためには、体の動きをサポートし抗菌性、抗ウィルスに特化しているため院内感染対策としても有効で、医師看護師ともに仕事しやすいユニフォームです。